2019年10月14日月曜日

【楽典】音程カレンダー


むかしむかし。まだまだパソコンが高価で、みんな手書きで楽譜を書いていた頃。「2オクターヴ上で」の指示を「16va」と書くおっちょこちょいさんが作曲学科にもけっこういました。8度を単純に2倍にしちゃったんですね。しかし、16度というのは、もちろん2オクターヴと2度のことです。語尾の「va」は、見なかったことにしてあげましょう。

1度と4度と5度と8度が完全グループで、などと覚えていくと、どうやら8度と9度の境目でこんがらがるようです。僕が楽典とソルフェージュを教えている生徒さんの1人も、分かっちゃいるのにオクターヴを越えると数え間違えるおっちょこちょいさんなので、こんな表を作ってあげました。名づけて、音程カレンダー。

道理は簡単です。日曜日から始まるカレンダーを思い浮かべてください。このカレンダーでは水曜日と木曜日がお休みの完全週休3日制。なんと素晴らしい。このお休みの日が完全音程です。2週目が1オクターヴ上、3週目が2オクターヴ上。「1オクターヴと長6度」は「長13度」、「2オクターヴと完全4度」は「完全18度」と、すんなり単音程名が答えられるようになります。「2オクターヴ上」は「15度」と、これなら間違えません。

曲線でくくったのは転回の関係。火曜日を転回すると金曜日なんですね。どうりで昔からカーカーキンキンと歌になるわけです。土曜の朝4時も実質的に金曜深夜28時みたいなものだから、やはり増6度はどうしても日曜日に向かうわけですよ。などと説明したらポカンとされたので、飲み歩いていない未成年にはちょっと早かったかもしれない。

音大受験を控えた皆さん。楽典の試験の最中、不安になったら、思い出してみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿