2019年8月30日金曜日

オーバード


今年の4月、ファゴットのマティアス・ラッツ氏が来日した折、代々木のムジカーザで小さな会が催されました。内容は、サン=サーンスのファゴット・ソナタと僕の新作ファゴット・ソナタの日本初演(世界初演は作曲家本人の知らない間にスイスで済まされていたという、のをFacebookで知るという)。ピアノは山口佳代さんでした。

僕もアンコールでラッツ氏と共演しました。オーバード。もともとはオーボエ・ダモーレのために書いた小品でしたが、それをファゴット用に直したものです。ラッツ氏がご自身のチャンネルで動画を公開されているので、ご紹介します。

映像だと場の空気まではなかなか伝わりませんけど、曲の終わりでラッツ氏が素晴らしく柔らかい表情をしていて、僕はピアノの椅子の上で思わずキュンとしました。演奏家の良い顔を拝めるというのは、なによりの作曲家へのご褒美です。

この会については、日本ダブルリード(株)の多大なるご協力がありましたありましたことを追記しておきます。ちなみに、花房晴美さんの室内楽シリーズ「パリ・音楽のアトリエ〈第16集 ピアノ、西洋と日本の笛〉(2019年04月18日)」でもアンコールとして演奏されました。ラッツ氏が強く推してくださったそうです(……。)

いま、この作品について、出版に向けた話が進んでおります。オーボエ・ダモーレ用の原曲、イングリッシュ・ホルン用、ファゴット用と3つのパターンを出版社に渡しているんですが、さて、どういうカタチで製本されるのやら…。

オーボエ・ダモーレ版もここに貼り付けておきましょう。倉田悦子さんの演奏です。


0 件のコメント:

コメントを投稿