2017年2月13日月曜日

【告知】翔べ!私立アレグレット学園/最終話

 泰西の作曲家を現代日本の高校生に擬人化する娯楽小説『翔べ!私立アレグレット学園』最終回の第12話は「えっちん、あるいは生への復帰。の巻」。
 
 あらすじ。アイドルの女の子にハァハァして毎日リプを送っていたら、ブロックされた上にアカウントが凍結されて生きる希望をなくしたえっちん(ベルリオーズ)が「もうオレ死ぬわ」と学校の屋上に立つ。いつものパターンだと察したりっくん(リスト)は慰めるでもなく、「そこの下は茂みだから、もうちょい右に移動するとコンクリになるからさ…」
 歴史上の本人たちのキャラが不必要に濃いので、どんなにいじっても本人たちのほうがダメ人間なので、この2人にはずいぶん遊ばせてもらいました。ぜひお読みいただければと思います。音楽現代3月号は2月15日の発売。

   
 ◇音楽現代2017年3月号
 (amazonのサイトに移動します)

 前回第11話の告知をうっかりしていました。「バレンタインデー・レジスタンス、の巻」は、サティ君が放送室に篭り妙なBGMに乗せて「チョコ嫌いチョコ嫌い」と840回つぶやく話。2月号は発売中であります。

   
 ◇音楽現代2017年2月号
 (amazonのサイトに移動します)

 『アレグレット学園』は今回で最終回ですが、4月号からはシーズン5ということで、装いをあらたに連載は続けていきます。よろしくどうぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿