注目の投稿

【告知】西澤健一 協奏曲作品の夕べ

 新型コロナウイルスが世界に打撃を与え始めた2020年5月に完成し、初演が延期されていた『オーボエと弦楽合奏のための協奏曲』、日本とウクライナの国交樹立30周年を記念し、2022年10月にウクライナで初演されるはずだった『2つのヴァイオリンのための協奏曲』、今公演のために書き下ろ...

1996年2月29日木曜日

ピアノのための瞑想曲「ソニア」


◎ピアノのための瞑想曲「ソニア」
op.2 SONIA ~ una meditazione per Pianoforte
作曲年月 1996年2月
演奏時間 6分
楽器編成 ピアノ
初演 西澤健一(Pno)/2001年5月・ブリュッセル 西澤健一の音楽 Vol.1 D'IMPRIMERIE

* * *

 1995年のクリスマスに、僕はピアノ曲を書き始めた。
 はじめて我が家にやってきた本物のアップライト・ピアノが嬉しくてたまらず、僕はずっと、おもちゃを手にした稚児のように、それを鳴らし続けていた。音大受験を控えた僕に、父が買ってくれたものだった。音楽家など親族はもちろん知人にもおらず、裕福とは言えない職人の息子が急に音楽の道を歩みたいなどと言い出して、両親もさぞ、困惑したことだろう。
 まだまだ技術が足りなかったから、本能ばかりに依り恃むしかなかった。完成は1996年2月。当時たまたま手にした写真集のなかから不思議と目に留まった一枚(それは写真家の妻をガラス越しに写した、美しいものだった)のタイトルを、そのまま五線に書き込んだ。
 首尾よく入学できた大学の仲間内の前ではしばしば披露していたが、正式な初演は、世紀をまたいだ2001年5月、海をまたいだブリュッセルの地で、僕自身のピアノによる。