2021年3月3日水曜日

寺澤ひろみ「アニヴェルゼル」、柴田高明マンドリンリサイタル ほか

 今後のいくつかの予定をご紹介します。

 3月20日「アニヴェルゼル~ハーモニカ・コンサート~」では、「おんな酒場放浪記」でもお馴染みのハーモニカ奏者、寺澤ひろみさんと共演します。この公演には『蔦の門 ハーモニカのための』『クロマチック・ハーモニカとピアノのための小ソナタ』という2つの新作を用意しました。とりわけ『蔦の門』…これは複音ハーモニカ独奏のための作品ですが…は、ちょっぴり誇張が許されるなら、複音ハーモニカという分野のために重要なレパートリーを提供できたと思います。先日、はじめてのリハーサルで、寺澤さんが熱を込めてこの作品を語ってくれたことで、僕も自信が持てました。近くて遠い楽器、ハーモニカの印象が刷新されると思います。

 4月17日「柴田高明マンドリン・リサイタル」には『4つの前奏曲』という新作を提供しました。これは、向こう3年間で計6人の作曲家に委嘱し、毎回古典とともにソロ作品のみでプログラミングするという、たいへん頭の下がる思いのする企画の一環。今回がその第一回目で、僕は露払い役を仰せつかりました。今回は田口和行氏による新作も発表されます。柴田さんとは2012年に『マンドリンと弦楽三重奏のためのコンチェルティーノ』を書いて以来、これが2作品目。僕の楽器の理解度も9年前よりいくらか上がったと思いますが、マンドリンの地位向上に挺身する柴田さんの熱意に応えるべく、頑張りました。

 4月30日「米津真浩・安嶋健太郎ピアノデュオ・リサイタル」では、2018年、仙台ピアノデュオの会のために書き下ろした『祝典ソナタ』が取り上げられます。まだまだ曲に恵まれていない2台ピアノという分野のレパートリーとなるよう願って書いた作品なので、早くも再演されることが素直に嬉しいです。アクの強い(と形容してすまぬ)実力者2人によってこの作品がどのように違う表情を見せるのか、僕も楽しみにしています。

 それから、3月8日「鈴木一成バスーン・リサイタル」…ここでこの演奏会に触れる理由は、まだちょっと大っぴらにはできませんが、ご来場くだされば、きっと分かります。

 それぞれの演奏会の詳細については、下記をご覧ください。

 このつらい現世を少しばかり忘れさせてくれる力が音楽には確かにあります。が、それには作家が現実の世界を呼吸していなければならない。どうして慰めの言葉を知らずして人を慰められましょうか。このような困難な時代においてもなお新作を書けること、旧作が再演されること。それはたいへん恵まれたことに違いありません。その幸福を、僕は僕なりの方法で社会に還元すべく、今後も精進していきたいと思います。

* * *


アニヴェルセル~ハーモニカコンサート
  • 西澤健一/蔦の門 ハーモニカのための(初演)
  • 西澤健一/ハーモニカとピアノのための小ソナタ(初演)ほか
出演:寺澤ひろみ(ハーモニカ)西澤健一(ピアノ)
日時:2021年3月20日(土)15:00開演(14:30開場)
会場:タワーホール船堀 5階大ホール
料金:3,800円 要予約
お問い合わせ:タワーホール船堀 03-5676-2211


柴田高明マンドリンリサイタル〜無伴奏マンドリンの世界vol.1
(公財)青山音楽財団助成公演
《会場入場チケット》一般3000円 学生1500円(共に当日500円増)
4月17日(土)17:00開演 京都・バロックザールでの公演にご入場いただけます。
《動画視聴チケット》1500円

プログラム 
  •  西澤健一(1978-)  4つの前奏曲(新作初演)
  • ・田口和行(1982-) 蒼穹(新作初演)ほか
日時:2021年4月17日(土)17時開演
会場:青山音楽記念館(バロックザール)075-393-0011


米津真浩・安嶋健太郎ピアノデュオ・リサイタル
  • 西澤健一/祝典ソナタ ほか
出演:米津真浩、安嶋健太郎(ピアノ)
日時:2021年4月30日(金)19時開演
会場:ヤマハ銀座コンサートサロン
料金:一般4,000円 会員3,500円 学生3,000円 株式会社ヤマハミュージックリテイリング音楽教室在学生2,500円
お問い合わせ:ヤマハ銀座店 03-3572-3171(代表)


東京音楽コンクール入賞者リサイタル
Kazunari Suzuki Bassoon Recital
出演:鈴木一成(ファゴット)松山玲奈(ピアノ)
日時:2021年3月8日(月)19時開演
会場:東京文化会館小ホール
料金:一般3,500円 学生1,500円 東京文化会館友の会会員3,000円
チケットお申込み:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650

2021年2月7日日曜日

『オーバード』の評 Das Orchesterに掲載

 ホフマイスター社から出版されたオーボエ・ダモーレ/ファゴット/イングリッシュ・ホルンのための『オーバード』の評が、ドイツの音楽誌『Das Orchester』に掲載されました。楽譜はオーボエ・ダモーレ版ファゴット版イングリッシュ・ホルン版それぞれ、日本ダブルリード株式会社のオンラインショップでお求めになれます。

* * *

 恋人たちの夜明けの別れ、トルバドゥールの歌。演奏家としてここに留まりたい。流れるようなカンティレーネで、何度も繰り返され、常に軽やかに変化し、美しい響きに包まれ、暖かさと優雅さに満ちている。

 作曲家の西澤健一は1978年東京に生まれる。15歳でピアノを始め、同時に独学で作曲を始める。音楽大学には1年しか在学していない。2013年に初演された交響曲と2017年に初演されたオペラのほかに、主に室内楽、独奏曲、ピアノ伴奏の器楽曲が100曲以上あり、多くの作品で日本の作曲賞を受賞している。

 この『オーバード』はホフマイスター社から出版された。サン=サーンスのオーボエ・ソナタにインスピレーションを得て、最初はオーボエ・ダモーレとピアノのために作られた。更にファゴット、イングリッシュ・ホルンのために編曲され、それぞれ楽器に合わせて嬰ヘ長調、ヘ長調、ニ長調となっている。

 オーバード…朝のセレナーデ…は、作曲者が書いているように、初日の出の燃えるような赤と紫色の空を映している。西澤はこの曲を2018年のニューイヤー・コンサートのために作曲し、自らピアノパートを務めた。

 管のパートは心地よい中間音域を緩やかに漂い、大きなスラーのメロディが印象的なピアノの響きに見事に支えられ、驚くようなハーモニーのなかに注がれ、二つの楽器が互いに溶け合っていく。

 上質な紙を使用し、音符の表記は読みやすく、メロディパートが見開きに収まっているおかげで譜めくりが不要なため、演奏していると楽しさが増してくる。

 作曲者による序文で、彼自身のことをいろいろと知ることができることもありがたい。出版社のサイトではピアノスコアの1ページ目が見られる。

 難易度としては、出版社は中級/上級としているが、これは「ヴィルトゥオーゾではないが要求が多い」と書き換えることができるだろう。

 5分ぎりぎりの長さで、短い瞑想のような印象を与える。瞑想の形式の中で、この作品はダブルリード文学を演じている。コンサートのプログラムの中でメインに加える作品として、または静かなアンコール作品として、あるいは音楽以外の催しで演奏する作品としても大変適している。(評者=アネッタ・ヴィンカー)

2020年11月24日火曜日

大熊径ソプラノリサイタル/塗矢真弥ヴァイオリン・リサイタル/寺澤ひろみハーモニカコンサート/『ファゴット・ソナタ』出版

 今後の予定のいくつかをご案内します。

 「大熊径ソプラノリサイタル(12月1日)」では『自殺者たち(2014)』が演奏されます。芥川龍之介、太宰治、有島武郎、原民喜の遺書(本物)と、夏目漱石『こころ』より、先生がKの遺体を発見した場面からの抜粋をテキストとした全5曲の連作歌曲です。テーマがテーマだけにこんな曲を歌いたがる歌手もいないだろうと思っていましたが、いましたね、物好きが。今年はコロナ禍ということもありましたが、著名人の自殺報道に揺れた一年でもありました。いま一度「生きる」とはどういうことかを、この作品で考えたいと思います。

 「塗矢真弥ヴァイオリン・リサイタル(12月21日)」では『ヴァイオリンとギターのための演奏会用小ロンド(2010)』が演奏されます。委嘱者本人、初演者自身による同会場での10年ぶりの再演です。この10年間には本当にいろいろなことがありました。僕自身としても、社会としても。困難な時期にあってもなお音楽に携われる幸せを噛み締めながら、10年前の自分の音楽を聴いてみたいと思います。なお、この公演はプログラム・ノートも担当しております。こちらも合わせてお楽しみくだされば幸いです。

 「アニヴェルセル~ハーモニカコンサート(2021年3月20日)」では、「おんな酒場放浪記」でもおなじみの寺澤ひろみさんと共演します。この公演のために2曲の新作を用意しております。『蔦の門~ハーモニカのための』は複音ハーモニカ独奏、『ハーモニカとピアノのための小ソナタ』は、タイトル通り、クロマティック・ハーモニカとピアノのための作品です。他にもいろいろと楽しい曲を演奏する予定です。彼女と知り合い声をかけてもらうまでは考えもしなかった組み合わせ。どうなるのか、僕自身も楽しみです。

* * *


大熊径ソプラノリサイタル ~命の輝きを歌う~
  • 中田喜直/”マチネ・ポエティク”による四つの歌曲
  • 西澤健一/自殺者たち ほか
出演:大熊径(ソプラノ)黒岩悠(ピアノ)西澤健一(解説)
日時:2020年12月1日(火)19:00開演(18:30開場)
会場:ヤマハ銀座コンサートサロン
料金:一般3,500円/会員3,000円/学生2,500円/株式会社ヤマハミュージックリテイリング音楽教室在籍生2,000円 定員47名 全席自由・要予約
お問い合わせ:ヤマハ銀座店 03-3572-3132

* * *


塗矢真弥ヴァイオリン・リサイタル
  • 西澤健一/ヴァイオリンとギターのための演奏会用小ロンド
  • シューベルト(ディアベッリ編)/アルペジョーネ・ソナタ ほか
出演:塗矢真弥(ヴァイオリン)竹内永和(ギター)
日時:2020年12月21日(月)昼公演14:00開演(13:30開場)夜公演19:00開演(18:30開場)
会場:近江楽堂(東京オペラシティ3階)
料金:4,000円 昼夜各限定40席 全席自由 要予約
お問い合わせ:MN企画 048-278-2317

* * *


アニヴェルセル~ハーモニカコンサート
  • 西澤健一/蔦の門 ハーモニカのための(初演)
  • 西澤健一/ハーモニカとピアノのための小ソナタ(初演)ほか
出演:寺澤ひろみ(ハーモニカ)西澤健一(ピアノ)
日時:2021年3月20日(土)15:00開演(14:30開場)
会場:タワーホール船堀 5階大ホール
料金:3,800円 要予約
お問い合わせ:タワーホール船堀 03-5676-2211

* * *

 また、去年3月(日本では4月)、マティアス・ラッツ氏の初演でお披露目されたファゴット・ソナタがホフマイスター社より出版されました。家から出れない僕の代わりに空の旅を経てきた楽譜が余所行きの格好をして帰宅。羨ましい。というわけで、これをご覧のファゴット奏者の皆様、ファゴット奏者と共演する予定のピアニストの皆様、ファゴットとは縁がない皆様もこの際ついでに、どうぞお求めください。『オーボエ・ソナタ』『オーバード(オーボエ・ダモーレ版/イングリッシュ・ホルン版/ファゴット版)』も好評発売中です。